1.門の種類-唐門とか(門の雑学知識) - 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史)

1.門の種類-唐門とか(門の雑学知識)


[T]門の種類

1.冠木門(かぶきもん)
●冠木とよぶ横木を2本の門柱の上方につらぬき渡してある門。屋根はない。
冠木門(かぶきもん)

時宗総本山「遊行寺」冠木門


2.棟門(むなもん・むねもん)
●2本の主柱の上に切妻屋根をのせた門。
●本柱上部に冠木をわたし、梁でとめる。
●梁に板蟇股(いたかえるまた)をのせて棟木を受け、梁の端に桁を渡して切妻屋根をのせる。
●柱は本柱2本のみ。
棟門(むなもん・むねもん)

3.薬医門
●倒壊しやすい棟門の欠点を補い、本柱の後方に控柱を建てた門。
●本柱が門の中心線上から前方にずれる。
●本柱と控柱を結ぶ梁の中間の上に束(つか)をのせて切妻屋根をのせた門。
●すなわち、棟は本柱の垂直線上から後方にずれている。
薬医門

4.四脚門(しきゃくもん)
●一間一戸(本柱2本で一つの門)の門で、控柱が本柱の前後に2本ずつで計4本となるので、これを脚(あし)とみて四脚門と呼ぶ。
●屋根は切妻造。
●本格的な四脚門は柱と柱を頭貫(かしらぬき)で結び、斗栱を組む。
●平安時代には原則として三位以上、大臣級の屋敷の正門に許された門。
●鎌倉以後は将軍家の正門・勅使門、格式ある寺家の正門などに使われた。
四脚門(しきゃくもん)

5.八脚門(はっきゃくもん)
●控柱が本柱の前後に各4本、計8本ある門。
●本柱は4本で柱間三間、出入口は中央一間なので三間一戸。
●古来もっとも多い形式でまれに三間三戸もある。
奈良法隆寺南大門
八脚門(はっきゃくもん)

6.楼門
●下層に屋根のない二階建ての門。
●二階には高欄つきの回縁がある。
●ほとんどが三間一戸の形式。なかには五間三戸のものもある。
奈良般若寺
楼門


7.二重門
●上層下層とも屋根のある門で、門のなかでは最大規模のもの。
●入母屋造が主流。
●五間三戸、三間一戸、三間三戸などがある。
知恩院三門
二重門

知恩院 三門


8.唐門
●唐破風造の門で、平安時代末期に出現した。
●両側面が唐破風で、平入りのものを「平唐門」といい
●唐破風が正面の前と後ろにあって妻入りのものを「向唐門」(むこうからもん)という。
唐門

9.鐘楼門
●階上が銅鐘をつるした鐘撞堂で
●階下は通行するための門になっている。(川越・喜多院は袴腰はきの門)
鐘楼門

10.竜宮門
●竜宮造で下部は漆喰造。
●アーチ型通路を持つ。(日光・輪王寺大猶院霊廟皇嘉門―楼門)
竜宮門


門の知識があるともっと日本めぐりが楽しめます

門について
1.門の種類
2.門の呼び名
3.寺社以外の門

屋根について⇒

国宝東福寺の三門
東福寺 国宝三門

スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史) All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。