宝形造りの屋根−国宝法界寺阿弥陀堂(京都・日野薬師) - 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史)

宝形造りの屋根−国宝法界寺阿弥陀堂(京都・日野薬師)


宝形造りの屋根
正方形の四方隅棟(すみむね)が頂上に集まる形の屋根。
頂上に雨(あま)仕舞(じまい)の露盤・宝珠をのせる場合が多い。


京都府伏見区
法界寺(日野薬師) 阿弥陀堂
地元では日野薬師として親しまれています。(バス停の名前も日野薬師前です)

鎌倉時代初期の建築で、阿弥陀堂本尊の阿弥陀如来も国宝に指定、阿弥陀堂の中は、創建当時の壁画が重要文化財に指定されています。

裳階(もこし、ひさしのこと)のある宝形造りの屋根です
法界寺阿弥陀堂屋根

法界寺阿弥陀堂は宝形造りの屋根は檜皮葺き
日野薬師阿弥陀堂





宝形造りの屋根−国宝法界寺阿弥陀堂関連ページ&サイト

国宝法界寺阿弥陀堂
屋根の種類(形による分類)
屋根の種類(葺く材料による分類)
屋根について

スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史) All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます