日本最大規模の二重門「国宝知恩院三門」 - 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史)

日本最大規模の二重門「国宝知恩院三門」

知恩院三門
紅葉時期の知恩院三門


二重門は、最も格式が高い門とされています。

その中でもさらに日本国内最大規模の「知恩院の三門」は国宝です。

単層門 = 1階建ての門
重層門 = 2階建ての門

楼門  = 上重に屋根を架け、初重は縁のみを回した門
二重門 = 初重、上重ともに屋根を架けたもの

知恩院は浄土宗総本山

三門の高さ24メートル、五間三戸の二重門

年に春と夏の2階、知恩院三門の特別公開されます。

特別公開時には、ニ階の内部の仏堂も見学でき、

・幕府大工頭「五味金右衛門夫妻の木造」と白木の柩
・宝冠釈迦牟尼仏像
・十六羅漢像
(国重要文化財)
・天井の華麗な極彩な空間


の安置されているものを拝観できます。

知恩院三門
畳の大きさ二畳もある「華頂山」

知恩院関連サイト

国宝知恩院についてのサイト
国宝建造物巡り 知恩院

門の知識があるともっと日本めぐりが楽しめます

門について
1.門の種類
2.門の呼び名
3.寺社以外の門

スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史) All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます