屋根から見た寺院建築と神社建築 - 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史)

屋根から見た寺院建築と神社建築

屋根の形による分類すると

屋根の種類

二面の勾配面をもつ山型の「切妻造」(きりづまづくり)

四面に勾配面をもつ「寄棟造」(よせむねつくり)

「切妻造」(きりづまづくり)の四面に庇をとりつけ一体化した「入母屋造」(いりもやつくり)

が代表的なものです。


寺院建築では

本堂、講堂などのお寺の主要な建物に「入母屋造」(いりもやつくり)、寄棟造(よせむねづくり)で建築されています。

「切妻造」(きりづまづくり)は、門、食堂などの付属建物に用いられています。

西本願寺阿弥陀堂・御影堂(入母屋造り)
西本願寺

日本建築では、屋根に様々な装飾が施されています。

寺院建築に多い、瓦葺屋根(かわらぶきやね)では、棟の端部に鬼瓦や獅子口などが飾られます。

京都・高尾神護寺の鬼瓦
鬼瓦

神社建築では

より原始的な形式である「切妻造」(きりづまづくり)を本殿に用いることで、古代からの神聖性を高めています。

石清水八幡宮
石清水八幡宮

神社建築に多い桧皮葺屋根(ひわだぶきやね)の棟には、千木(ちぎ)や堅魚木(かつおぎ)などが置かれています。

千木(ちぎ)で、男の神様を祀っているのか、女の神様を祀っているのかがわかります。内削ぎは女神を外削ぎを男神を祀っているのです。

また、堅魚木の数は、神社の格を表すとされています。

日本建築では、屋根の装飾まで意味をもつので、いろいろと楽しみも深くなります。

神社建築の千木や堅魚木
千木

よくわかる日本建築の見方 (楽学ブックス)
中川 武
4533086004

スポンサーリンク

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史) All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。