山梨・清白寺庫裡(重要文化財) - 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史)

山梨・清白寺庫裡(重要文化財)

DSC_0105.jpg

山梨県清白寺の庫裡

禅宗の庫裡建築の貴重な存在とされ、重要文化財に指定されています。

江戸時代
元禄2−6年(1689−1693)
に再建、昭和61年の解体修理によりほぼ当時の形式に復元されています。

江戸時代中期の禅宗寺院庫裡の貴重な現存例です。

内部は手前が土間

中央が板の間

奥が畳敷きになっており、客室と居室に使われていました。


清白寺は臨済宗妙心寺派の寺院で正慶2年(1333)の開山。

天和2年(1682)に火災があり、唯一生き残ったのは、「仏殿」です。

清白寺仏殿は国宝に指定されています。

国宝・清白寺仏殿
DSC_0092.jpg


<関連ページ>
庫裏とは?
国宝清白寺仏殿について

スポンサーリンク

寺院建築カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史) All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます