宝形造り屋根−国宝富貴寺大堂(大分県) - 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史)

宝形造り屋根−国宝富貴寺大堂(大分県)

大分県 国宝建造物 富貴寺大堂

奈良・平安時代では、八幡宮の総本山「宇佐神宮」と国東半島の寺院の神仏習合、山岳修行の独特な文化があったようです。
⇒六郷満山とは

s-DSC00090.jpg

九州最古の木造建造物としての遺構「富貴寺大堂」が国宝建造物に指定されています。

屋根の造りは宝形造り(ほうぎょうつくり)、瓦葺です。

s-DSC00074.jpg

スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 知れば知るほど楽しくなる日本めぐり(建物・日本建築・歴史) All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます